消費税率が2019年10月から10%に引き上げとなりました。、10%に課税されるものや、8%のままのものもあり複雑ですが、そもそも家賃には消費税はかかるのでしょうか?家賃や、その他の賃貸契約の関係する費用の消費税について調べておきましょう。

消費税は2019年10月1日から10%の税率となっています。さて、普段の買い物ではありませんが、賃貸住宅関係での消費税はどうなっているのでしょうか。

実は消費税が導入された1989年当初は、賃貸住宅の家賃も事業の対価と考え課税されていました。しかし1991年の制度改正で、居住用の賃貸物件の家賃には消費税はかからなくなりました。

しかし契約期間が1ヶ月未満の場合や、ウィークリーマンション・民泊など、旅館業にあたるものは課税されます。また同じ家賃でも事務所などに使用する場合は課税されます。

ただ同じように法人が借りる場合でも、寮や社宅などに使用する場合は課税されません。

家賃以外では、敷金、保証金のように契約終了後に返還されるものは、すべてのケースで非課税です。

居住用であれば、礼金、管理費、共益費、更新料も課税されません。事務所、倉庫などで使用する場合の共益費、礼金、保証金の償却費は課税されます。

地代は一般的に課税対象ですが、住宅に付随した駐車場のように、契約上同一の場合は課税されません。

家賃保証のフォーシーズ